2022年10月より、安全運転管理者による

運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化されます。

 

自動車5台以上もしくは定員11人以上の自動車を1台所有するすべての事業者は、

10月1日よりアルコール検知器を用いた運転者の酒気帯びの有無の確認

また、常時有効にアルコール検知器を保持することが義務付けられます。

 

22年4月1日より改正道路交通法施行規則が遂行されており、安全運転管理者の

業務内容として行わなければならないことが増えます。

 

本商品では、コロナ禍に登場した顔認証検知器にアルコール検知の機能を搭載しました。

検温をしながら、アルコール検知を手間なく行うことができます。

 

既存の一般的ハンディタイプの検知機などでは、

検査結果を確認したあとにメモしたり、目視確認での本人確認をしたりと

業務遂行の煩わしさが残ります。

 

そんな煩わしさを全て払拭。

その場でドライバーの「検温、アルコール検査、結果管理(その場で印刷)」を全て行ってくれます。

1拠点の入り口や受付部に1台設置しておいたら、あとはドライバーに検知してもらうだけ。

ストローで息を吹き込めば、10秒で測定結果がレシートで記録され、データ保存も可能です。

 

 

社員登録や顔認証での自動名前表示、各拠点の結果がインターネット上で一括管理ができる

クラウド版は義務化10月までのリリース予定です。(有償サービス。毎月1万円/30人分/台を想定)

毎月の有償となりますが、事前のご購入者様でも、どなたでもお使いになれる予定です。

 

現在3営業日程度で出荷しております。

 

【22年10月から義務化】顔認証温度計&アルコール検知器 ALCO-22-01

¥198,000価格