With ​コロナウィルス。

抗体・抗原検査キットの活用によるコロナ対策を提案します。

2781354_m_edited.jpg

抗体検査キット

​抗原検査キット

​抗体検査、抗原検査、PCR検査。

それぞれの役割を分かりやすく説明します。

 

※当ページの記述は、感染症学会や検査キットメーカー等による研究・論文等を軸とした見解であり、必ずしも特定の考えを断定するものではございません。

当社で販売する抗体検査キット/抗原検査キットは、確定診断を行うツールではございませんので、

もしキットの結果等でご不安な場合は必ず医療機関等に相談してください。

 PCR検査は、ウイルスの遺伝子を調べることによって、現在感染しているかを診断する方法ですが、保健所からの紹介で検査を受けるには一定条件をクリアしないといけませんし、自費で受ける場合はかなり高額になってしまいます。

 ​それさらにを簡易に、スピーディにしたのが抗原検査。クリニック等で行われる従来のインフルエンザ検査などと同じ方法で採取します。これまで検体採取は喉と鼻の奥とされており、専門家の関与が必要となりおすすめしておりませんでしたが、10月に入り鼻の入り口等で自分で検体採取をしてよいと厚労省が認めましたので、今後注目されると予想されます。また、羽田空港や成田空港でも、PCR検査の代用として使われ始めてきています。

 

 

 一方抗体検査は、ウイルスが体に入り感染をしてから1週間程度で体内でつくられる免疫、

IgM抗体、IgG抗体を確認します。

「コロナウィルスに対して、自分のからだで免疫が作られ、感染していたのかどうか?」を確認できます。
 

 抗体については、まだわからないことも多くありますが、低価格で手軽に実施することができる抗体・抗原検査は、これからしばらく続くコロナとの共生には、企業防衛、お客様の安全、自分の健康管理に、広く活用いただけると考えます。

Marble Surface

抗体検査導入の流れ

01

組織での導入方法決定

コンサルタントがご担当者様と実施方法等、体制づくりのお手伝いをします。

02

監修医師との相談

オンラインもしくは対面で実施における監修を受けます。

03

自宅で各自検査

動画等、ガイダンスに沿って自宅で検査し、結果を報告します。

04

結果報告・相談

陽性者が出た時には、監修医師とコンサルタントの安心のフォロー体制があります。

お問い合わせ・ご相談

平日 9:30 〜 18:30

03-6432-0406

© 2020 Tokyo MB Co., Ltd.